Get Social

女性に起こりがちな腰痛の3つの原因とは?

生活習慣や体の特徴による腰痛

腰痛は実は男性よりも女性に起こりやすいと言われており、その理由は大きく分けて3つあります。女性は、男性に比べて筋肉量が少なく、鍛えても筋肉が付きにくいという盗聴があります。腰の位置にある腰椎は靭帯や腹筋、背筋などで支えられていますが、筋力が弱いと腰椎に負担がかかっれ腰を痛める原因になります。また、尿路感染症や冷え性が起こりやすいというのも腰痛の原因になりますし、妊娠や出産、かかとの高い靴も腰に大きな影響を与えます。

女性ホルモンの変化による腰痛

女性は思春期を迎えると性ホルモンが多く分泌されるようになり、妊娠、出産のために体が成長すると初潮を迎えて月経が始まります。月経は、腰痛をはじめとした様々な不快な症状を引き起こしたり、月経周期が不安定になると月経不順が起こります。さらに、年齢を重ねて閉経を迎えると更年期に入り、女性ホルモンの分泌量が減るために腰痛などの症状が起こります。更年期は、骨が脆くなる骨粗しょう症や変形型腰椎症が起こるケースもあります。

女性特有の病気による腰痛

子宮は女性特有の臓器で、妊娠や出産に大きく関わっていますが、腰に近い位置にあるため、腰痛が起こりやすい傾向にあります。子宮内膜が子宮から離れた場所に入り込んで増殖する子宮内膜症や子宮の筋肉層に良性腫瘍ができる子宮筋腫、子宮に悪性腫瘍ができる子宮癌、子宮の出入り口の子宮頸管に細菌感染による炎症が起こる子宮頸管炎といった子宮の病気は腰痛も併発させることがあります。腰痛がある場合は、腰にだけ何らかのトラブルが起こっているのではなく、子宮疾患の可能性があるので、婦人科を受診することも大切です。

いつまでもきれいで若々しくいたい方におすすめなのが美容鍼灸です。顔のハリが良くなるだけでなく、便秘などの身体の調子も良くなると人気がでています。

Comments are closed.