Get Social

いま話題のフィナンシャルプランナーとは?

フィナンシャルプランナーの役割

結婚、出産、家の購入や子供の進学など人生には何かについて、お金のかかる出来事が数多く訪れます。そのため、資金繰りについての悩みは尽きることはありませんよね。このような、悩みを解決するお手伝いをすることがフィナンシャルプランナーの役割です。お客様の資産の状況や現在の資金繰りの現状を専門の知識を駆使して分析し、より効率的なお金の流れをつくり、マネジメントをすることで、結果として資産に余裕を持たせる仕事を果たします。

フィナンシャルプランナーになるには

現在、日本にはフィナンシャルプランナーの資格が数多く存在しますが、フィナンシャルプランナーになること自体は特に資格は必要ありません。しかし、お客様の大事なお金をお預かりする仕事ですから、自らの知識を社会的に証明するためや、お客様の安心のニーズに応えるためにも取得することで、より信頼できるフィナンシャルプランナーになることができるでしょう。そして、最初はフィナンシャルプランナーとして銀行などの金融機関で従事し、やがて独立するという流れが多いです。

フィナンシャルプランナーの今後

現在、日本では相続税の改正や保険料の改定など、お金に関する様々な法改正が行われています。また、アベノミクスによる株価の上昇や日本銀行による金融緩和によって市場の動向が著しく変化しているため、お金の価値は日々激動しているといえます。このような流れの中で、効率よく資産を管理することは素人では中々難しくなってきています。そのため、お金を管理するスペシャリストであるフィナンシャルプランナーの需要は、より一層高まっていくといえるでしょう。

cfpはお金を設計するプロで、国家資格ではなく、一般の資格ですが、難しい試験を潜り抜けられた方のみが取れる資格です。家計の管理や貯金を増やし方、老後の資金計画、子供の教育資金、住宅ローン等を設計や相談をしてくれます。素人では、気づきにくい部分や、トラブルに迅速なアドバイスをしてくれます。

Comments are closed.