Get Social

女性に起こりがちな腰痛の3つの原因とは?

生活習慣や体の特徴による腰痛

腰痛は実は男性よりも女性に起こりやすいと言われており、その理由は大きく分けて3つあります。女性は、男性に比べて筋肉量が少なく、鍛えても筋肉が付きにくいという盗聴があります。腰の位置にある腰椎は靭帯や腹筋、背筋などで支えられていますが、筋力が弱いと腰椎に負担がかかっれ腰を痛める原因になります。また、尿路感染症や冷え性が起こりやすいというのも腰痛の原因になりますし、妊娠や出産、かかとの高い靴も腰に大きな影響を与えます。

女性ホルモンの変化による腰痛

女性は思春期を迎えると性ホルモンが多く分泌されるようになり、妊娠、出産のために体が成長すると初潮を迎えて月経が始まります。月経は、腰痛をはじめとした様々な不快な症状を引き起こしたり、月経周期が不安定になると月経不順が起こります。さらに、年齢を重ねて閉経を迎えると更年期に入り、女性ホルモンの分泌量が減るために腰痛などの症状が起こります。更年期は、骨が脆くなる骨粗しょう症や変形型腰椎症が起こるケースもあります。

女性特有の病気による腰痛

子宮は女性特有の臓器で、妊娠や出産に大きく関わっていますが、腰に近い位置にあるため、腰痛が起こりやすい傾向にあります。子宮内膜が子宮から離れた場所に入り込んで増殖する子宮内膜症や子宮の筋肉層に良性腫瘍ができる子宮筋腫、子宮に悪性腫瘍ができる子宮癌、子宮の出入り口の子宮頸管に細菌感染による炎症が起こる子宮頸管炎といった子宮の病気は腰痛も併発させることがあります。腰痛がある場合は、腰にだけ何らかのトラブルが起こっているのではなく、子宮疾患の可能性があるので、婦人科を受診することも大切です。

いつまでもきれいで若々しくいたい方におすすめなのが美容鍼灸です。顔のハリが良くなるだけでなく、便秘などの身体の調子も良くなると人気がでています。

いざという言うときの自己破産のメリットとは

自己破産とはどういった制度

自己破産と聞いて、ネガティブなイメージを持っている人は大勢いるでしょう。そもそも自己破産とは、多額な借金をしてしまい、自己では返済ができなくなってしまった場合に、債務をゼロにする制度です。国が認めた支払い免除の最終手段で、利用するためには、裁判所への申請をしたうえ、いくつかの要件を満たす必要があります。実際に、借金を重ねてしまい、どうしようもなくなって利用する人も多く、生活を再建していくために役立つ制度です。

メリット一つ目:多額の債務が免除される

自己破産することによって、必ず受けられるメリットは、税金や公共料金などの一部を除いて、債務がゼロになることです。借金を背負ったままだったら、なかなか将来のことを見通せずに、鬱になったり、自殺を考えたりしてしまいがちですよね。借金がなくなったら、それらの負担からは解放され、将来を見通しやすくなり、生活を前向きに考えやすくなります。心が軽くなり、生活するのもかなり楽になり、大きなストレスから解放されるのです。

メリット2つ目:取り立てが来なくなる。

銀行などにお金を借りている間は困りませんが、借金が多くなると、悪徳業者やいわゆる闇金にお金を頼るしかなくなってきます。そうすると、しつこくそして、脅迫まがいに取立され、生活の平穏が乱されることがあります。自己破産によって、債務が免除されると、悪徳業者からの取立も来なくなり、生活の平穏が戻ってきます。精神的にも余裕が出てきますので、将来のことも前向きに考えやすくなり、生活の再建が行いやすくなってきます。

債務整理の一種である自己破産の認定を受けるためには資産を放棄する必要があります。債務への支払いができないことを証明する目的があるので、最低限の資産以外はすべて手放すことが認定を受ける条件になります。

万が一の時に役立つ!!火災保険の賢い選び方

「とりあえず」はダメ!必要な補償範囲を考えよう

大切なマイホームを守ってくれる火災保険ですが、営業マンに勧められるまま、何となく契約してしまっていませんか?これまで損害保険会社が販売していた火災保険のほとんどが、火事に限らず落雷、風水害や盗難損害などを幅広く補償する、いわゆる「パッケージ型」とよばれるものでした。でも、よく考えてみてください。例えば、分譲マンションの高層階や高台の団地に建てられたマイホームに「水害」の補償が必要でしょうか?最近では、火災保険がカバーする補償の範囲を選択できる商品が増えてきていますので、発生する心配の少ない損害であれば、補償対象から外して契約することで、保険料の負担軽減につなげることができるかも知れません。まずは、自分にとってどんな補償が必要なのか、よく考えることがポイントです。

「特約」は他の保険とダブらないよう気をつけて!

「幕の内弁当」が大好きな日本人は、火災保険に対してもひと通りの補償が揃った商品が好きなようで、数多くの「特約」をセットして契約することでこれまで「オールリスク」補償をうたってきました。ですが、前述の補償内容の必要性の観点から、特約の中味についても注意する必要があるのです。代表的なものには、建物が損害を受けた際に怪我をした場合などを補償する傷害補償特約や、日常生活で他人の持ち物を誤って壊したしまった場合の損害賠償を補償する賠償責任補償特約などがありますが、これらは、加入している生命保険でもカバーされるものであったり、クレジットカード作成の際などにオプションで付いている保険と補償内容がダブってしまっているケースが多いのです。すでに自分が加入している他の保険を再チェックし、不要な特約はセットすることのないようにするのがポイントですね。

複数の火災保険の保険料見積もりを比較しよう!

自分に必要な補償内容が決まったら、最後は負担する保険料について考える番です。現在は、自分に合った補償を提供している火災保険の商品について、保険料見積もりを比較してみてみることがポイントです。各保険会社から資料を取り寄せたり、また、最近はインターネット上に数多くの比較サイトが存在しているので、必要情報を入力するだけで簡単に試算・見積もり比較を行うことが可能です。長い間にわたって生活の場となる大切なマイホームですから、火災保険については万が一の際に役立つ商品を選びたいものです。今回ご紹介したポイントを参考にして、賢い選択を心掛けてみてはいかがでしょうか。

火災保険では様々なことが原因で発生する火災に対して補償がされるので事前に加入をしておくと生活も安心です。

ページ:123