Get Social

知っていました?行政書士に依頼できる仕事

事業を開始するときに届け出る書類の作成

新しい会社やお店を始めたいと思ったときに、まずは役所に届出を出さなければいけないことは知っていますか。ではどうやって書類などを作成したらいいのだろうと初めて経験する場合には思いますよね。次に誰に相談しようと思いませんか。実はこのような届出に関する書類の作成の代理をしてくれるのは行政書士なのです。例えば喫茶店や飲食店、ラーメン屋さんを始めたい、介護施設を始めたい、など各種許認可手続きをするために、分からないことがあれば、まずは行政書士に相談するのが正解なのです。

外国人向けの書類作成

日本には沢山の外国人の方が住んでいますよね。日本に長く住んで働いたりしている人は役所に様々な申請を出さなければいけないのですよ。日本語が話せても、書くことが難しい人もいますので、そのようなときに頼りになるのが行政書士なのです。在留資格認定証明書交付の申請や更新・変更の申請業務、永住権の申請業務や更新、再入国許可申請、労働査証申請などを代理人として書類作成を行います。日本人であれば殆どなじみのない書類ですが、外国人の方には必要なのですよ。

自動車に関連する手続き

行政書士が代理している仕事の一つとして、自動車に関する業務全般があります。自動車の登録業務から廃車の手続きまでをサポートしてくれますよ。車庫証明や名義変更が必要になったときにも行政書士に問い合わせするのが正解ですよ。また、自動車に関連する事業の認可申請についても行政書士が代理で申請が可能です。トラックなどの車両が必要な運送会社などを始める、タクシー事業や運転代行業を始めるなどといった場合にも行政書士にまずは相談してみましょう。

行政書士の試験は、一年に一度実施されその合格率は10%未満とも言われており、独学ではかなり難しい試験です。通信講座では10%以上の合格率を誇るところもあります。

Comments are closed.